調弦と曲

コラの調弦の種類

コラのキィは元来は演奏者や共演する歌い手の歌いやすい高さに調弦していたと想像されます。近年は一番低い左の弦はFにすることが一般的です。これはギターや鍵盤楽器など西洋音楽楽器との共演の影響によるものと考えられます。

コラの調弦の主なものは4種類あると言われています。
それらは、シラバ、サウタ、トモラ、ハルディーノという呼び名がついています。
このうち、頻繁に使われているのはシラバとサウタの2種類で、伝統的な曲のほとんどがこの2つで演奏されています。

まずシラバの考え方を簡単に下の図で表してみました。左の一番太い弦をF(ファ)とすると、次は左の2番目がC(ド)、そのあとは矢印にそって、長音階で上がってゆきます。

サウタは右と左のB♭のところを半音上げてBにします。



シラバとサウタは上記のようにそれぞれオクターブ違いの2箇所の音が半音だけ違っていて演奏する曲によってはチューニングを変える必要があるのですが、それぞれをミックスしてシラバとサウタの曲を同じチューニングで演奏できるような調弦法もあります。

またジャウラという曲は右列をサウタに、左をシラバにして調弦します。このような調弦を「ハーフサウタ」と呼ぶこともあります。
さらに、2つの異なった調弦のネックを持つダブルネックコラをあやつるプレイヤーもいます。

プレイヤーによっては独自のチューニングを持っていることも珍しくありません。
トゥマニ・ジャバテはCD「The Mande Variations」において、エジプシャン・チューニングと呼ぶ、オリエンタルな響きのチューニングを披露しています。


コラの曲

コラでよく演奏される曲をリストアップしてみました。
実は現在はコラで演奏されることが多いものでも、そのルーツはバラフォンの曲であったりンゴニの曲であったりします。
同じ曲でも、演奏される地方によって、またはプレイヤーによってチューニングが異なる場合もあるようです。

また、同じ伴奏に異なる曲の歌詞を載せて歌ったり、その場の即興で歌を作ったりすることも多く見られます。逆にいえば即興はジェリ(グリオ)の本来の演奏スタイルであるともいえます。

アララケ

コラの代表的な曲のひとつ。コラのCDには必ずといってよいほど収録されている。
すべては神(アラー)のなせる業、という意味の曲。
チューニング主にサウタ

ケレファ

クトゥルンケレファ、ケレファ・バなどバリエイション豊富な曲です。この曲の中に、ジョラケレ、サリヤ、シニェロなどいろいろな歌詞をのせて演奏されることが多い。
チューニングシラバ

バニ

教訓的な内容の歌詞で歌われる近代に流行した曲。
チューニングサウタ

ジャラビ

ヤラビとも発音される、愛をテーマにした曲。
チューニングサウタ

スンジャタ

伝説の王、スンジャタを語る壮大な組曲。
チューニングシラバ

ドゥガ(マウラ)

ハゲタカを主題にした曲。
チューニング;サウタ

ミニアンバ

人々の望みをかなえるといわれる、白い蛇の姿をした精霊ミニアンバの曲。
チューニングシラバ

カイラ

「平和」や「希望」を意味する曲。
チューニングサウタ

コンコバ

グリオの祝祭で演奏される曲。
チューニングサウタ

トゥバカ

愛をテーマにした曲。
チューニングシラバ

クランジャン

伝説の狩人、モリと動物たちの王、白鷺の曲。
チューニングシラバ

ケメブラマ

伝説の武将が最後の戦いに挑む前夜に、帰還することのない事を悟って
グリオに演奏させた悲壮な曲。
チューニングシラバ

サコドゥグ

「あなたが受け入れるならば、今いるこの場所が素晴らしいものとなる」
という教訓的な歌。
チューニングシラバ

マリサジョ

マリに伝わる伝説、河馬と少女の悲しい物語を歌う曲。
チューニングシラバまたはサウタ

ランバン

ジャリ(グリオ)を讃える曲。バラフォンの代表的な曲として知られている。
チューニングシラバ

スバ・ニ・マンサヤ(シイバ)

スンジャータの時代のできごとを歌った曲。
チューニングシラバ

マンサニ・シセ

シセ王の死を悼んで、人の運命は知ることが出来ないという教訓を歌った曲。
チューニングサウタ

ケド

私のミレット(穀物)畑を荒らさないで、と歌う曲
チューニングシラバ